2012-08-20

レビュー 巡音ルカ Tony ver.

というわけで、個人的にはボカロの皆さんの中で一番大好きなルカ姉ですんで、製品版の品質がヒジョーに心配だった今日この頃、皆さん、大丈夫です!バッチリでした!杞憂、杞憂!


届いてから随分たっちゃいまして、今更感が非常に高まってるわけですが、萌え蔵Z的にはよくあることなんで気にせずレビュー逝ってみたいと思います!

んでは着衣リビドーの旅にGo!(←なんだよそれ)






いきなり細部からアレですが、1/7ということもありネイル等細かい部分もこのクオリティ
心配だった口元もうまく処理されていて一安心(^^)


右手にはクラシックマイク。 スイッチ等、造形も細かいです。右手のネイル処理も非常に丁寧。

サイバーチックな袖部分。サイバーながらシックな質感

ヘドホンがうまくアタマの分割線を隠していて一石二鳥(^^)


台座もクラシカルにレコード形状。ちゃんと溝も切られてます。かけたら音出たりして(^^;)


足元から ゴールドのブーツ。編み上げ部分も細かい。
全体的にエンジ、焦げ茶系に対して、各部のゴールドが質感高めてます。


スカートのスリット、スリット? から全開の絶対領域サスガ。さすが ルカ姉、流石!!
ニーソ上部の謎パターンもしっかり入ってます。

腰回り。スカートのたなびき具合、おへその質感に悠久の時を感じます!(なにそれ)


しかし、このルカ姉なんといっても着衣の表面張力がすごい!引っ張って~引っ張って~
着衣でこの破壊力!それでいてこの品格!シックさ!さすが ルカ姉、流石!!


逆サイドから、脇がまたすごい、サスガ ルカ姉、流石!!(3度目)
グレープフルーツ上の2点のハイライトに悠久の時を感じます!(またか)






ふぅ、悠久の時を感じすぎて別の並行世界へ逝きそうだったぜ(^^;)
このへんでクールダウン、全景逝きます。

正面、引いてみるとあまりえっちぽくないです。




髪はつや消し半透明、末端が白髪仕様。白髪言うな


腰のひねり、スカートのたなびき、髪の毛の流れ、サスガ!







最後に自由作例何枚か。パシャパシャ














というわけで、総評です...

今回はデコマスのビリビリ感に惹かれて予約買いだったわけですが...正解!実に正解!

Amazonもあみあみもまだ在庫あるんでひょっとしたら投げられるかもしれない。。。
だがしかし、この出来の良さで投げ待つなんて、もったいないオバケが出る!
というのが私の感想。投げ大魔王の私ですら!(^^;)


全裸、水着系は基本ノーサンキューな私としては、やっぱり着衣でリビドー感じさせてナンボだろうと(^^;)

その意味でこのルカ姉は超ド・ストライク!
見せなくて魅せるフィギュアとして殿堂入り決定です(なんの殿堂だよ)

ボカロ好きなみなさんも、ルカ姉だけ好きな皆さんも、フィギュアしか興味ない皆さんも是非手にとって実物見て欲しいですね。






Amazonでは現在21%オフ。
投げられるかもしれないし、シュタゲ助手みたいに微上げ微下げを繰り返して売り切るかもしれない。















0 件のコメント:

コメントを投稿