2012-07-15

レビュー figma巨神兵

というわけで、先日の「館長庵野秀明 特撮博物館 ミニチュアで見る昭和平成の技」(長いぞ!)で購入したfigma巨神兵のレビューとなります。
原型は、リボ仏で有名なリボルテックタケヤの原型を担当している竹谷隆之氏。
この細かさ、サスガという感じで納得のクオリティですがどんな感じか、見ていきましょ-


例によってテキトーレビューなんで、そこんとこよろしくです(^^;)



とにかく、グロい(^^;) 筋肉むき出し、出っ歯むき出し
今思えばナウシカの巨神兵なんて全然気持ち悪くなかった(^^;)


横から。頭部はヘルメット状なかんじ。
今は閉じていますが、口は開閉します。

顔は標準の他に、プロトンビーム発射顔(仮)が付属 


手もキモい 細かいです

うわ、キモイ 細かい...


足も キモい いいかんじです(^^;)


背面も筋肉バリバリ。人体模型...
アタマ、う○こついてるし...


前面全景


羽つきで空も飛べます。



若干ムリはあるけど、羽は他のfigmaでも使えます。


サイズ比較。ウチのfigmaリボで一番でかいエイリアン・クィーンさんと比較
一回り小さい感じ。


横から。ボリューム的にはやっぱエイリアンクィーンパネェってかんじです(^^;)
羽つけたらいい勝負かも。



連合のいろんなタイプのみなさんとの比較。
カントクくんに敬意を評してスペシウム光線のポーズで(^^;)
figmaで一番デカかったラブマシーンよりは高さあります。





さて、いつもならこのへんで、自由作例で何枚かパシャリなんですけど、
せっかくの巨神兵なんで例のシーンを再現してみました!無理やり!

登場キャラについては心で補正しながら御覧くだしぃ。



王蟲が怒りで我を忘れている!(そんな風には見えないが)



シグナム姉さん クシャナ殿下の号令により


王蟲に向けてプロトンビーム発射! 



王蟲の攻撃色が...消えた...




すいません、順番もセリフも内容もオチもグチャ グチャですが。。。。
続けてもめんどくさいんでこのへんでお開きです(^^;)
いや、巨神兵がプロトンビーム撃つのがやりたかっただけなんで...




というわけで、総評です。

あの、見た通りの人体模型でキモいんですけど、質感とか造形のクオリティはサスガです。
リボ仏のクオリティでfigmaやったってかんじですから、良くて当たり前か(^^;)

見かけがこういう系なんで、逆にファンシーなことさせたりするとギャップが楽しいかも。
セ・キララのメンバーに混ぜてアイス食べさせたり、掃除機もたせて掃除させたり(^^;)

正統派の使い方で他キャラとバトルさせても様になりますし、羽つけておにゃのこfigmaさらうシチュエーションとかでも使えそう。


今展示されてる東京都現代美術館で購入できますが、他にもグッスマのオンラインショップで購入できます。ただし2012年10月8日(月)18:00~2012年10月22日(月)21:00まで受付。
発送は2013年2月からの予定。

早く欲しい人は、現地に行くか、ヤフオクで今現在4800円即決。



というわけで、使い道は色々あるので、オススメです。
気持ち悪くなければ(^^;)




0 件のコメント:

コメントを投稿