2016-02-25

ロジャーくんハンド製作記 3Dプリンタ出力編

というわけで、モデリングから早1週間、なかなか更新されず、まーた3Dプリントやるやる詐欺かよ!とお嘆きの諸兄に・・・ おまたせいたしました!ちゃんと出力したよ!(゚∀゚)

ま、あの、久々の出力なんで、いきなり本チャンのデータではやらないで、キャリブレーション用モデルを再出力して問題なくプリントできるか検証とかやってたんで思ったより時間かかってしまうま(ΦωΦ)


左右反転してコピーしたデータで左右のハンドを一気に出力!
したものの、片方は脱落・・・トホホ
左右で微妙に高さが違う(水平が取れていない)のが原因様な気はするんだけど

つーことで、片側だけですが、色々問題ハケン(ΦωΦ)
まず大きさが・・・小せぇぇぇぇぇぇ!2/3くらいかね
もう一つ、オリジナルはジョイントの球部分が半分隠れるように穴があいてる


では元の3Dデータを修正しましょう!
スケールして大きめに
あと、手首の部分を球で削ってジョイントが半分隠れるようにブーリヤン!(ΦωΦ)


ブーリヤン完了之助!!(゚∀゚)b



STLファイルに変換したものを3Dプリンタ littleRPの出力ソフト(CreationWorkshop)で読み込み。
サポート材(下の方の黄色い部分)をオートマチックモードで配置。
このサポート材の配置が鬼門でなかなかうまく出力できなった。
最近やっといいかんじのパラメータを見つけてあまり失敗しなくなりましたん。
サポートの軸、細すぎるとダプんする衝撃に耐えられずUVレジンの海へ出力物が落下
太すぎると出力物の表面に目立つポチポチがが・・・

ではいよいよ出力!!(゚∀゚)
んー、一部サポート材がちぎれてるけど、なんとか持ってくれた(ΦωΦ)

うむ。

うむうむ!(ΦωΦ) 穴があいてジョイントのタマも半分隠れるようになったね!

シワとか表現的な部分はさておき、サイズ的にはいい感じになった!(゚∀゚)

表現的な部分はさておき、サイズ的にはいい感じになった!(゚∀゚)2回め
サポートの跡(ポチポチ)はあとでリューターでならそう

左がオリジナル、真ん中が修正版、右が最初の失敗バージョン

と、いうわけで!!ミトン出来ました!(ミトンじゃねーし)

ほぅおら!カービーも手のひらにのるよ!!
しかし表現的なアレがアレだな(ΦωΦ)もうちょいどうにかしたいね・・・


さて、モノとしては出来ましたが、マテリアル(材質的な)どーするよと・・・(ΦωΦ)
赤のままじゃ毛をむしられたウサギのごた(ΦωΦ)
ピンクに塗ってものっぺり感しか無いという・・・
オリジナルはフロッキー加工といって、細かい毛がむくじゃらになってるわけで
そう、シルバニアみたいな質感なんスよ


というわけで、次は出力したミトン(ミトンじゃねーし)をむくじゃらにするお!(゚∀゚)

次回、ロジャーくんハンド製作記英雄伝説第三話

「フロッキー攻略!」

3Dプリンタの歴史がまた1ペェィジ(ΦωΦ)ノ








4 件のコメント:

  1. ベンガルトラ2016年2月25日 10:06

    大きさを間違えたら直ぐに変えられるのが3Dプリンターの強みですね(´ΦωΦ`)

    返信削除
  2. ベンガルさん、こんちーす!(╹◡╹)ノ
    そうなんすよ!手軽に修正できて手軽に量産できるツーのもいいんすわ!
    左右対称のものとかチョーベンリよ(ΦωΦ)ノ

    返信削除
  3. 阪本ロスのぼこちゃんだよ(笑)🤗
    追いかけてきた🤗

    返信削除
  4. ヘーイ!わんばんこボこちゃん!(╹◡╹)ノ
    近々別アカウントで復活するので少々お待ちィ!!!
    近いうちにフォローします(゚∀゚)b

    返信削除